主婦活

主婦活。
この言葉を聞いたときは、主婦の活動‥、つまり主婦が主婦の仕事を徹底してやる?みたいなもとだと思いました。

しかし、これは主婦が就職活動をするという意味だそうです。
なんだか、危うく反対の意味に勘違いしてしまいそうでした。

景気が悪くなったというのが、かなり大きな要因だそうですが、ここ4年間で約30パーセントの主婦が就職活動をしているそうです。
子どもを産んですぐ活動を始める人もいるようです。
私は、今、まさにその主婦活をしているのですが、子育て、子どもの学校、レッスンのスケジュール等でパートしか探せません。
それに、あまり求人もなく、頭を抱えているところです。

つい最近、映画の Up In The Air を観て、仕事一本に生きることの孤独さ、を感じたのですが、その反面、仕事一本で私一人の生活にも少しだけ、ほんの少しだけ、懐かしくなってしまいました。
願った以上の、最上級の愛しい家族を持ちつつ、日々ありがたいと神様に感謝していますが、就職活動をして、一体この私に何があるのか、とか、私自身の価値、値段?みたいなものを社会から判断されているようで結構グサッ!ときてしまうときがあります。

その、主婦活の記事によると、資格をとる事がおすすめのようです。
なるほど、と思いますが、その資格をとるにもお金と時間を自分に投資しないといけないんですよね。
私は教育関係の仕事を探しているのですが、まずその一歩として、当たり前なのですが一応CPR (Adult & Infant) とFirst Aideの資格の更新のクラスを受けました。
それにしても就職活動は、結構ストレスたまります。
アタフタしたってどうしようもないし。

でも、この記事を知って、ああ、私だけじゃないんだと、何だかホットしてしまいました。
今、就職活動/主婦活している方いらっしゃいますか?

“主婦活” への6件のフィードバック

  1. SaYaHa より:

    私はまだ結婚をしていないので主婦ではありませんが、日々仕事で上へ上へ目指しているので就活をしている気分です。今は仕事が少し多過ぎてしまって、休む時間が必要だな〜と思っているので新しい仕事を増やさない様にコントロールしていますが日々仕事と私生活の事で色々考えます。

    私の場合はフリーランスで動く事が多く、大学を卒業後フリーランスでダンス講師&パフォーマーをしていて沢山お仕事のオファーがありましたが、アーティストとしてだけでなく大学で学んだ事をいかしビジネスもしたいと思い大学院に戻りました。大学院を卒業した後もパート&フリーランスで働いています。でも今はダンスやアーティスティックな仕事だけでなく、大学院で学んだ事を応用して他のお仕事とも両立をしています。人それぞれだと思いますが私はこのスタイルがむいているようで、最近とても安定してきました。

    MOさんの話されている映画はまだ観た事がありませんが、今は仕事をバリバリやっているのが楽しいです。もちろん、多趣味なので趣味との両立が出来ているので毎日が刺激的です。つい最近まで1年弱付き合っていた人がいたのですが、あまり女性の仕事&趣味などに共感を持ってくれる人でなかったので、なんだか彼の妻…の様にプライベートをかなり犠牲にしていたんだな〜と今思います(汗)私はまだ結婚していないので仕事をバリバリにやりたいですが、仕事だけ…の生活は辛いなと思います。

    主婦活って面白い言葉だと思います。私の母は、常に働いていたので主婦というイメージより働く女性というイメージが強かったです。ただ、小さい頃から手作りのアップルパイやチョコレートケーキを週末作ってくれる人だったので私的には素敵なお母さんのイメージも強いです。そんな環境で育ったので、母親が働くのは全然新しい事ではないです。私の周りの女性はフルタイムで主婦の方はいないからかもしれませんが。多くの主婦の方もパートで仕事を始める方が増えるという事はより仕事探しの競争が激しくなるということですね。そして、フルタイムよりパートが増える。まだまだ、景気の回復はないのでしょうか?

    あ”〜色々考えてしまいます(汗)

  2. mireicat123 より:

    主婦活。本当に面白い言葉ですね!
    実は、私は大学を社会学で卒業したのですが・・・
    「仕事=自分の価値」と考える社会の国って多いのは確かなんですよね。
    MOさんが言っていた、社会から判断される自分の価値に対するグサッとした気持ちって、こういうところから来るんじゃないかな?と思います。

    でも、一つとっても大きなことを思うのですが、「主婦」と「お母さん」というのもとってもとってもとっても大切なお仕事だって言うこと!! 勿論「お金」は貰わないかもしれませんが、将来の働き手、将来の希望を育てるお母さんってどんな仕事よりも大変で、大切なお仕事だって思います。

    私自身は、私が生まれた時に仕事をやめた以来、ずぅっと「お母さん」の仕事をしてくれてた母の背中を見て育ってきました。私自身、子供が出来たらきっと家から出来る仕事をするだろうなぁと思います。まだまだまだまだその時には遠いですけどね(汗)どっちにしても、私の最終的にしたい仕事は家からでも出来る仕事ですから、その点では安心してます。子供が子供の時間ってやっぱり少ないですからね。 でも、子供の為、家族の為にお仕事に出るって言うのもすごいことですよね。
    どんな道を選んでも、尊敬しちゃうなぁ・・・と思います。

    主婦活、大変だと思いますが、無理しないでくださいね。

  3. MO333 より:

    暖かい、本当に暖かい、今の私にはとっても、とっても貴重な御言葉、清葉さん、美零猫さんありがとう!
    いずれにしても、母親以外の仕事を持ちたいとは以前から思っていたので、少しずつ、少しずつがんばります。

    この景気、あと2、3年かかりそうな気がします。
    高年齢で首になってしまった方、私のような者は、大卒ほやほやでエネルギーいっぱいの若手相手と就職活動をしています。
    歳は関係ない、とはいうものの、結構関係あると思います。
    それから、友達が働いている会社が求人をしていて、面接の際、応募している人の履歴書をみたら、とんでもない高学歴の人がその友達と一緒のポジションをねらっているのを知って自分の立場がいかにありがたいかと言っていました。

    いやいや、暗い話になってしまいまったかもしれません。
    ごめんなさい。

  4. SaYaHa より:

    今はそんな暗い話もでますよ〜!なんでも話せる、そんなフォーラムにしましょう♬

    そうですね〜。私は大学院卒なんですが、今は本当、高学歴だけでなく沢山経験がある人達がわんさか首を切られたので”こんな人が!?”って方が沢山仕事がない状態です。今週末この秋から大学院に行き始める友人と話していましたがこの不景気、”大学院に行きながらいい仕事を探すのは大変だ”と言っていました。皆色々大変だと思いますが、徐々に景気回復していく事を祈りましょう!!

  5. MO333 より:

    そうですよね〜!
    主婦活、進行形状態が続いています。
    仕事を選んでいる御身分ではないのですが、つい先週末面接をして、私って、一体何?みたいに考えてしまいました。
    会社を通しての契約だったのですが、一体彼等がドレくらい頂いて、私達がマジでドレくらい歌舞されているのか‥。

    期待していたのですが、日本式で時給を聞けなく、後まで行ったのに実際の私の御値段をきいて‥。

    でも、将来の仕事に対する選択幅がちょっと狭くなったから、それに対して免許取得方向で行こうかな、と考えています。

    実際、この不景気でそういう傾向が増えていると聞いています。

  6. SaYaHa より:

    資格は今人気があってかなり諜報されるみたいですね。私も時間とお金に余裕があれば、ヨガの講師やマッサージとか取りたいんですよね。ストレスを感じやすいタイプなので癒される事が好きだし、癒すのも大好き。今も人のためになる仕事をしていますが、ヨガやマッサージはぜひやってみたいと思っています♬

    不景気のこの世の中では、たぶん多くの人が”私の価値って?”って立ち止まって考える事があると思います。週末も友達とそんな話をしていました。大学、大学院を出た人でさえ今大変なので、お子さんを持っていて家庭に入っているとまた私達独身とは違う壁を乗り越えなくてはならないんでしょうね。でも、皆経験しているので一人ではないですよ〜!!

コメントを残す