最近の傾向

ここ数年アメリカでは、子供が出来て仕事をやめ、専業主婦・専業ママになる人が増えているということを聞いたことがあります。 ウーマンリブの60年代以降から女性の社会進出が進み、子供が出来ても働くことが当たり前な社会になるにつれて、逆に家庭に重点を置くことのメリットも見えるようになって来たのかもしれません。 ところが先日ワシントン・ポスト紙で、この不景気によって専業主婦が社会に出始めているという記事を見つけました。 失業率が上がって夫が職を失ったり、2次収入が必要になって、女性が家計を支える・手伝う傾向が高まっているということです。 いわゆる「女性の社会進出」という言葉が持つイメージとは少し違う社会現象。 去年赤ちゃんが生まれて専業ママを選んだ私には、なお興味深い記事でした。

日本では今、どのような傾向があるのでしょうか? 皆さんは「専業主婦・専業ママ」と「働くママ」に関して意見をお持ちですか? 

念のため、記事のURLをペーストしておきます。

Recession has more moms entering workforce
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/02/11/AR2010021104839.html

“最近の傾向” への6件のフィードバック

  1. SaYaHa より:

    この不景気は男女の性別関係なく多くの人が打撃を受けていますね。私の身の回りでも仕事をなくしたり、2次収入を求めて職探しをしている知人が多くいるのが現状です。先日私は知人と結婚、家族、そして子供を持つという話になりました。私は去年大学院を卒業し、今は徐々に仕事が増えているのが現状です。なので、個人的にはまだ結婚、そして子供を持つのは遠い未来だなぁと思っています。知人も20代よりは30代になってからでないと子供は考えられないと言っていました。そして、知人は男性でしたが奥さんも働くという事が前提で子供を育てていけるのでは。。。という話になりました。

    私は、子供が好きなので子供にダンスを教えたりと子供と関わる仕事をしてきた事もありますが、精神的にだけでなく経済的に子供を持つのはまだ難しいと思います。両親共働きの家庭で育ったので、”女も働く”というのは私の中で当たり前です。小さな頃から常に動いていないといけない、そんなタイプの人間なので家庭だけでなく大きな舞台で働きたいと思うのだと思います。ただ、最近ナニーという仕事を通して家で妻&母親、そして外ではキャリアウーマンというのは本当に旦那さん&家族の支えが必要なのだと思いました。

    まだ、結婚にはほど遠いですが景気のこれからの傾向によって女性の社会進出もhappygirl84さんの言う通り、より複雑になるのだと思います。

  2. maple925 より:

    私は今、初めての子供を妊娠中。
    アメリカのパブリックのプリスクールで保育士として働いています。

    子供を生んだ後も仕事を続けたいと思っていましたが、妊娠4ヶ月目の超音波検査でお腹の中にいるのが、双子だと分かり、
    「一気に二人もいるんだったら、やっぱり自分の手で世話してみたい、育ててみたい。」と思うようになりました。
    夫はこのアイディアに賛成で、子供たちがプリスクールに行く年齢(3歳)までは、家にいて欲しい、と言われました。
    実際、経済的に夫の収入だけで大丈夫なのだろうか!?
    自分自身、外に働きに行かないということがなかったので、専業主婦、専業ママ、務まるのだろうか!?
    という不安はありますが、とりあず、子供中心の生活を楽しみたいと思っています。

    専業主婦、専業ママ、働くママ、色々なスタイルがありますよね。
    どちらにせよ、選択肢があるということは、とても幸せなことだと思います。
    そして、どの選択にせよ、思いっきり楽しめるといいですね。

  3. happygirl84 より:

    皆さん、私の初フォーラムに参加してくださってありがとうございます!

    清葉513 さん、若い時に子育てやキャリアとの両立にまつわる現実などを目にするチャンスがあるのはとてもラッキーですね。今後の人生設計にきっと役に立つはずです。

    私達の親の世代の高校は今の時代では大学、昔の20代は今の30代と言われるように、近年は様々な面でペースが緩やかになり、一般に結婚や出産も遅くなっていますよね。私も、自分のことを振り返って、20代の頃はまだまだ自由な独身を満喫していて、とても家庭や子育てなどの準備は出来ていませんでした。 総合的に考えれば焦らずに待って良かったと思いますが、子育てを始めてみてこれからの子の成長の長い道のりを考えると、唯一、体力だけがやや心配、もう少し早く始めたほうが良かったかと思うこともあります…。 今からこれでは情けないですね…。

    Maple925 さん、双子の赤ちゃんのご妊娠、おめでとうございます! 一人でも嬉しいのに、二人一度になんて、素敵ですね!

    私も若い頃は子供ができても仕事を続ける意気込みでいましたが、妊娠して現実となった時、特に教師をしていたこともあり、誰かに自分の子供を預けて他の人の子の面倒を見ることに大きな疑問を感じ始めました。 そして9ヶ月前に出産してしばらく休職、少なくとも数年は子育てに専念することに決めました。毎日変わっていく娘を自分の目で見て育てられることがとても幸せです。 働いていた時とあまりに違う生活、ある意味、狭く単調な世界で時々「外に出たい!」と思う瞬間もありますが、これが一生の中で非常に短い期間であること、かけがいのない時間を娘と分かち合える日々が特に後で振り返った時にとても貴重であることを毎日かみしめて満喫しています。 そしてMaple925 さんがおっしゃる通り、選択肢があることが本当にラッキーで、そのような境遇に置かれていることに、日々感謝しています。
    選択の余儀なく働かなくてはいけない女性が増えてきたというのがまさにフォーラムを立ち挙げた記事の焦点です。

    これは良し悪しのない問題。 どちらを選んでもそれぞれに葛藤があるはずで、女性の永遠のテーマだと思います。

  4. nehnehboo0319 より:

    私には今5カ月の子供がいます。今までずっと(予定日10日前まで)仕事をしてきたので、そこから生まれるまではとてもゆっくり時間が流れたように思います。が!大変なのは子供が産まれてからですよね。妊娠する前はすぐにでも仕事したいと思っていましたが、赤ちゃんが赤ちゃんなのは一生のうちで今しかないですし、少し家にいてもいいかも?と今は思っています。ただ生活を考えると共働きに越したことはないですよね。現在は家で子育てをしながらフリーランスの翻訳をやっています。大した収入にはなりませんが、外に出てちょっとの収入のパートに出るためにデイケアだと採算が合わないので、家にいながら出来る仕事があるのはありがたい話です。

    ちなみに子育てと仕事との両立は思ったより大変ですが、全ては子供のため、楽しんでやりたいと思っています。

  5. mireicat123 より:

    私がボランティアをしてる所は
    フェミニストの団体なのですが、
    12月に子供を産んだ方がいます。
    その人は3月に仕事に戻ってきましたが、赤ちゃんも着いて来ました!
    カウンセリングをする時に、赤ちゃんが隣にいて、クライエントの方が、ビックリしたり、病院に連れて行ったりすると、ビックリされれるということ以外は、結構うまくいってるみたいです。
    机の後ろに赤ちゃん用のベッドみたいなのがあって、そのベッドを揺らす機械があって、ジー・・・ジー・・・という音が聞こえて来ます。
    そんな風景を見て、「こんな風に働くお母さんをサポートしてくれる会社・団体・仕事って少ないんだろうなぁ。と思いながら、
    こういう所が増えて来たら、もうちょっと働く女性が楽になるのになぁ。。と期待をもてました。

  6. SaYaHa より:

    nehnehbooさんのお子さんは5ヶ月なんですね。あと1ヶ月ほどでミルク以外に離乳食を食べ始めますね。赤ちゃんは毎日成長が手にとって見えるので大変だと思いますが楽しいんではないですか?

    私はここでも、そして他のフォーラムのトピックでもお話をしましたがベビーシッターのお仕事を主に、週末しています。この週末もしてきたのですが、最近は両親ともお医者様でお忙しいので一応1日10時間なんですが、結構あと2時間いいかな?と言われ、12時間お母さんをしている時もあります。ついこの週末9ヶ月になったので、段々抱っこも腕が大変ですが、本当色々考えさせられる仕事で大好きです。なんだか、ご両親の親族より信頼されちゃって、”安心して仕事にいける”って言ってもらえてとても嬉しいです。ベビーシッターを雇える人はもちろんお金がないとできないと思いますが、ビジネスとしてだけでなく、人と人との付き合いとしてとても意味のある仕事だと思ってやっています。

    母親、そして女性に対する社会のサポートですが、大分前ニュースでとても面白い会社を特集していました。日本のたしか、女性が社長を勤める女性の下着かそのようなビジネスの会社でしたが、生理痛のひどい日のお休み、そして恋人と別れた日のお休みが大丈夫な不思議でとても理解のある(!?)会社でした。もちろん、生理はないですが、恋人との辛い別れを癒す日は男性にも適応します。まあ、このケースはなかなかないと思いますが、ぜひもっと男性も育児休暇とかとってもいいと思える社会にならないですかね。

    ん〜時間がかかるだろうな。

コメントを残す