芸能人の薬物/覚せい剤取締法違反

最近、芸能人の薬物/覚せい剤取締法違反が目立ってきていますよね。ついこの前も、JAY WALKが捕まってしまったというニュースを聞きました。それから、ちょっと昔話しになってしまうのかもしれないけれど、あの、ノリピーまで。
 今までもこういう事ってあったのでしょうか?
 警察の眼が肥えてきたのでしょうか?
 それとも、薬物/覚せい剤に手が届きやすい環境になってしまったのでしょうか?
 両親が以前、アメリカは怖いよ〜。鉄砲もってるし、薬物みんなやってるし(これは、かなり歪んだステレオタイプですよね)、と言っていましたが、日本も人事ではないですよね。
 アメリカが悪影響になっているのでしょうか?
 みなさん、どうしてだと思いますか?

“芸能人の薬物/覚せい剤取締法違反” への1件のコメント

  1. SaYaHa より:

    MOさんのご両親が言っていた事、私も両親に言われましたw

    でも、日本の方が身近で起きる犯罪(あまり犯罪ととらわれない事がまだ多いですが)痴漢などあるので、女性には日本の方が怖いのでは?なんてよく思ってしまいます(汗)

    覚せい剤の事ですが、私はダンサーのお仕事もしたりしているので、周りで薬物をしている人に会う機会が正直多いです。東京、特に六本木のクラブなどに行くと、結構簡単に薬を勧められたりします。正直、日本人はまだ薬に関する危機感があまりないのではないでしょうか?興味本位であまり分からず始めてしまう人も多いのでは。日本はまだ体、そして精神的にもどんな影響を及ぼすのか、もちろん学校で教えてくれる事なんてあんまりないはず。家でもそんな会話にはなかなかなりそうではないですよね?安全なセックスの事だけでなく、薬のもたらす危険とかももしかしたら学校で教えなくてはいけない時がくるのかも…しれませんね。

    警察の眼が肥えてきたのもそうかもしれないし、薬が日本に入るルートも増え、クラブカルチャーが人気をまし、学生でも簡単に手に入る…その実態はあります。日本に住んでいるアメリカとスコットランド人の友達が、”日本の麻薬はおいしくない”と言っていました。芸能人は地位もお金もあるのでよりよい薬を求めて…なんて深みにはまっていく人も多いのかも。ノリピーが捕まった時、確か他にも数人芸能人の名前が浮上しているとニュースでやっていたのを覚えています。今年は”この人も!”なんて人がまだまだ捕まるかもしれませんね〜。

    タバコ、煙アレルギーの私は本当とても迷惑な物でしかないですけどね。

コメントを残す