道徳心のある日本

私は以前、いけばなの会社で働いていたことがあります。いけばなといえば、日本の伝統的な芸術の一つと言ってもいいものです。そのときは、仕事上、お花の先生方と一緒にイベントをつくり上げるという仕事に参加でき、たくさんの日本の美を目の前でみることができました。あの頃は、家元の作品などをみて強く心の底から、素晴らしいなーと思えました。 それはやはり私が育ってきた文化が背景にあるからだと思います。

日本は島国で、アメリカのようにいろいろな国の人がいるわけでもなく、多くが日本人です。デザインについていえば、文化が明らかに影響しあうと思います。 アメリカのように多民族が集まる場合、どんな文化の背景にあっても共通してわかるように、わかりやすく、デザインされているように思います。日本の場合、同じ文化が背景にあり共感しやすいため、一つのことを奥深くいけるように思います。 例えば、いけばなのように、想像する美。 どちらにも、それぞれの理由がありデザインされ、国の個性につながっていると思います。

また生活していく上でも、前にアメリカ人の友人が日本を訪ねたときに驚いたことの一つに、エスカレーターのマナーについて言っていました。日本のエスカレーターで、全員が片側により、急いでいる人のためにスペースをあける。日本人の人への気遣いの姿勢に、すごく驚いていました。アメリカでは、意思を相手に伝えるということが前提にあるため、あまり相手の心を気遣う心遣いが少ないように思います。しかし、意見を言い合うことが自然なこととされているため、誰かが発言すれば、それがどんな意見であっても話し合う姿勢は日本よりあるように思います。それはただ、違った文化の背景から来てることであり、私はどちらにもいい面があると思っています。

日本人は、友人が驚いたように、相手を思いやる、心配り、奥ゆかしさ、道徳心という気持ちが優れているように思います。特に、道徳心については、素晴らしいことだと思います。昔に比べるとだいぶ減ってきてるように感じますが、それでもまだ、道徳心を持った人たちがたくさんいると思います。それは日本人の美だと思うので是非、失わずに、守っていってほしいと思います。まだまだ、日本の美、たくさんありすぎて書ききれないほどです。 こうして一度日本を離れ、外からみることができ、日本の美しさを再認識できてて良かったと思っています。

コメントを残す